FERRARI CLUB JAPAN

2003年  サーキット・イベント 「OLD/NOW Car Festival」でのデモラン   筑波サーキット       





この日は、大勢のサーキット来場者のため写真を撮るのが非常に困難でした。

今年のデモランは、スポーツ走行形式の全開走行となり、最終コーナーからアクセル全開でメインスタンド前を過ぎていくフェラーリサウンドは、何とも言えない良い音がしていました。

やはり一番良い音がしていたのは、F50でしょうか。
F40のターボパワーは、ストレートの短い筑波サーキットではパワーを持て余してしまうほど強烈なものでした。


いつの時代にも常に見る者に新鮮な印象を与えるディーノ246GT。
参加されたディーノは、オープンタイプの246GTSでした。(上段の写真)

360モデナやF355のボディサイズに目が慣れた昨今では、328のボディサイズがコンパクトに見えてしまいます。(下段の写真)