フェラーリ車の販売、メンテナンス、パーツを取り扱う
【株式会社レーシングサービスデイノ】
www.rs-dino.com 茨城県土浦市
TEL029-824-1662
E-MAIL



2014年 CHALLENGE CUP JAPAN 結果



第3戦が8月10日に富士スピードウェイで開催されました。

車輌 ドライバー 順位 タイム コースコンディション
予選 RSD458チャレンジ 切替 優太 総合2位
クラス2位
2分02秒572 雨/ウエット  
決勝 総合1位 1分57秒496
予選 RSD430チャレンジ   切替 たかき 総合3位
クラス1位 
 2分03秒275
決勝 総合5位
クラス1位 
1分58秒914 

今回のCCJレースは、富士GT300kmレースとの併催となり、待機場所はいつものピットからパドックになりました。
台風接近に伴い、雨が強くなったり弱くなったりを繰り返していました。
朝の予選では、コースイン時は雨が弱まり、アタックできるコンディションになりましたが、2周目にはどしゃぶりになり、
あまりのコンディションの変化にスピンする車両が続出。赤旗が提示され、そこで予選が終了となりました。
RSD458チャレンジとRSD430チャレンジは、レースと練習走行で熱が入ってしまっているユーズドのレインタイヤ
でしたので、少ない周回数では、うまくタイヤが温まらずに厳しい状況でのアタックとなりました。
お昼の決勝レースでは、雨が弱くなり、バトルができるくらいのコンディションに戻りました。
エアロパーツを装着しないRSD458チャレンジは、コーナー立ち上がりでのテールスライドに神経を集中させながら
4台の458チャレンジでのバトルを繰り返しました。RSD430チャレンジもその中に加わりながら、クラスの分け隔て
なくバトルを楽しみました。



BACK