2008年  フェラーリ・トロフィ レース結果


3月22日(日)に静岡県富士スピードウェイで開催されました
タイムマシーン・フェスティバル2008
フェラーリ・トロフィ(レース形式走行会)に出場してきました。


車輌 ドライバー 順位 タイム コースコンディション
予選 RSD360チャレンジ 切替 優太 2位 1分47秒114 FINE/DRY
RSD360モデナ 切替 徹 8位 1分54秒741
RSD355チャレンジ 切替 隆喜 6位 1分51秒800


決勝 RSD360チャレンジ 切替 優太 2位 1分49秒326 FINE/DRY
RSD360モデナ 切替 徹 6位 1分55秒527
RSD355チャレンジ 切替 隆喜 5位 1分52秒545
RSD360チャレンジおよびRSD355チャレンジはスリックタイヤ、RSD360モデナはSタイヤを装着。


弊社からは3台で出場しました。お客様も360チャレンジで出場しましたので、メカニックも同行しています。
お客様が今回HANSを持ち込みました。それを社長が試着しています。装着にはまったく違和感がないそうです。
ゼッケンの貼り付け、計測器の取り付けをします。
走行に向けて各ピットでは準備が進みます。
予選前に20分間のウォームアップ走行がありました。
予選はトラブルなく終了しました。決勝に向けて各点検、ガソリン給油を行ないます。
ピットの一角では食料や飲み物を買い込み、決勝に向けて備えます。
決勝レースもトラブルなく順調に終えることができました。


2008年のフェラーリ・トロフィ開幕戦が無事終了いたしました。今年の予定では430チャレンジを導入するはずでしたがコストの問題があり、360チャレンジの続投となりました。
事前の練習データから各セクションをパーフェクトにクリアできたならRSD360チャレンジは1分47秒台に突入することは予測済みでしたが、予選タイムの1分47秒114は出来すぎの感じもあります。これはドライビングテクニックの向上も去ることながら、足廻りとエアロパーツの追求に他なりません。
RSD355チャレンジの予選タイムも予想以上でした。アクリルドアガラスの装着による軽量化が影響しています。私のドライブするRSD360モデナを始め各クラスでトップを獲ることができまして最先の良いスタートとなりました。
今年一年RSDと共に応援してくださる各社においても責任が果たせたと思います。(切替徹)

Celedia

トヨダ アイ・エス

日本カイロプラティックセンターつくば

タイヤリサイクルセンター

マイクロロン

フェロード

KEI WORKS

DTC水戸チャレンジ