2008 SCCJ Inter Club  レース結果


外国で生産された現行までの車輌によるレースカテゴリーとして新設されたポストヒストリックカップ。
開催場所:茨城県 筑波サーキット


第3戦 9月7日
車輌 ドライバー 順位 タイム コースコンディション
予選 RSD360モデナ 切替 徹 総合3位
クラス3位
1分1秒529 CLOUDY/DRY
RSD355チャレンジ 切替 隆喜 総合2位
クラス2位
1分1秒457


決勝 RSD360モデナ 切替 徹 総合4位
4位
1分1秒849 FINE/DRY
RSD355チャレンジ 切替 隆喜 総合3位
クラス3位
1分2秒380
S(2シーター)クラスとT(4シーター)クラスに分ける。
タイヤは、Sタイヤ。スリックタイヤは禁止。


RSD360モデナとRSD355チャレンジで出場してきました。
RSD355チャレンジはブレーキパッドとリアのスプリングレートを変更してきました。
前回のレースから練習なしで当日を迎えられたお客様の360チャレンジ2台。
ホイールをストライプと同色に塗り替えて、さらに渋くなったお客様の355チャレンジ。
湿気と暑さで体力が消耗しやすい一日でしたが、クラッシュもなく無事に予選、決勝を完走できました。
ポストヒストリッククラスは新しい参加者が増えいて、いろんな車種が各コーナーで
バトルを繰り広げるのでレースに参加しても、レースを観戦しても存分に楽しめます。
フロントバンパーのキズは、バトルレースの勲章??