2006 SCCJ Inter Club  レース結果


外国で生産された現行までの車輌によるレースカテゴリーとして新設されたポストヒストリックカップに出場しました。
開催場所:茨城県 筑波サーキット


第4戦 11月23日
車輌 ドライバー 順位 タイム コースコンディション
予選 RSD360チャレンジ2 切替 隆喜 総合1位
クラス1位
1分0秒347 CLOUDY/DRY
RSD360モデナ 切替 優太 総合4位
クラス2位
1分2秒098
RSD355チャレンジ 切替 徹 総合10位
クラス4位
1分4秒349


決勝 RSD360チャレンジ2 切替 隆喜 総合2位
クラス1位
1分0秒467 CLOUDY/DRY
RSD360モデナ 切替 優太 総合4位
クラス2位
1分2秒191
RSD355チャレンジ 切替 徹 総合8位
クラス4位
1分4秒122
ポストヒストリッククラスとライトウェイトカップの混走レース。
タイヤは、Sタイヤ。スリックタイヤは禁止。

インタークラブレースの最終戦です。
参加台数が増えているのと同時に参加者のレベルも上がってきています。
短い予選時間の中でベストタイムをマークするため、各車の懸命なアタックが観客スタンドからも見て分ります。

決勝レースに向けて準備。グリッドに車両を並べるためにコースインします。
フォーメーションラップ開始1分前。
決勝レースは、予選2位の栗原宗之選手のケーターハム・スーパーセブンとRSD360チャレンジ2がバンパートゥバンパーのバトルで観客を沸かせました。バックマーカーをパスするときに順位が入れ替わり、そのまま2位でチェッカーとなりました。
栗原選手は、今年の東日本F4のシリーズチャンピオンであり、F4日本一決定戦を制したドライバーです。