2006 SCCJ Inter Club  レース結果


外国で生産された現行までの車輌によるレースカテゴリーとして新設されたポストヒストリックカップに出場しました。
開催場所:茨城県 筑波サーキット


第3戦 9月23日
車輌 ドライバー 順位 タイム コースコンディション
予選 RSD360チャレンジ2 切替 隆喜 総合1位
クラス1位
1分0秒755 FINE/DRY
RSD360モデナ 切替 優太 総合3位
クラス2位
1分2秒241
RSD355チャレンジ 切替 徹 総合7位
クラス3位
1分4秒237


決勝 RSD360チャレンジ2 切替 隆喜 総合1位
クラス1位
1分0秒912 FINE/DRY
RSD360モデナ 切替 優太 総合3位
クラス2位
1分2秒116
RSD355チャレンジ 切替 徹 総合7位
クラス3位
1分3秒955
ポストヒストリッククラスとライトウェイトカップの混走レース。
タイヤは、Sタイヤ。スリックタイヤは禁止。


弊社からフェラーリ3台と、お客様の355チャレンジ、F430F1が出場しました。F430は、レースのほかに朝のスポーツ走行も走られていました。参加車両が多いため、パドックは混雑しています。予選が終了した後は、午後の決勝レースまでのんびり過ごしました。


決勝レースが始まる頃には、それまでのレースでコース上はオイル処理された痕があちこちにありました。


決勝レーのグリッド。フェラーリの間には、スーパーセブンが並びます。
レース中は、各所で見所あるバトルが繰り広げられました。


全車無事に12周のレースを終えることができました。最後にポディウムでシャンパン・ファイトです。
クラス1位2位3位をチームRSDで独占することができました。